昆布の分類

ホームへHome > 昆布の基礎知識 > 昆布の分類

語源、昆布にまつわるエピソード

コンブ類型表

昆布は日本各地で食べられていますが、では、昆布とはいったい何なのでしょうか?昆布は海の野菜ともいわれている通り、植物の仲間で、海に生えている藻類から総称して海藻と呼んでいます。植物学的にいうと、昆布は不等毛植物門褐藻綱コンブ目に分類されています。植物学では、目(もく)・科(か)・亜科(あか)・属(ぞく)・種(しゅ)に分類しています。昆布は褐藻類に属し、わかめ、ひじき、もずくなども同じ仲間です。

海草(かいそう)と海藻(かいそう)は、どう違うの?

写真:昆布イメージ

海で育つ植物には、海草と海藻があり、昆布は海藻の仲間です。海に生える藻類の総称を海藻とよび、陸に生える種子植物と同じく種を作るものを海草とよびます。

このページのトップへ戻る