昆布の分類

ホームへHome > 昆布の基礎知識 > 昆布の味

昆布の味

昆布だしのおいしさは3つの味のトライアングル効果

昆布だしのおいしさ

昆布だしのおいしさは、うまみ(アミノ酸)、甘味(マンニトール)、塩味(ミネラル)の相乗効果【トライアングル効果】が決め手になることがわかっています。

うまみ(アミノ酸)

主なうまみはアミノ酸の中の、特にグルタミン酸。「うまみ」は「UMAMI」として世界共通語として広がっています。

甘味(マンニトール)

マンニトールは、だし昆布の表面にみられる白い粉で昆布に含まれる成分。甘味料としても使われています。

塩味(ミネラル)

主にカリウム・ナトリウム・マグネシウムが含まれており、その他微量ミネラルも数多く含まれています。

このページのトップへ戻る