昆布の基礎知識

ホームへHome > 昆布の基礎知識 > 日本の食文化を広げた「昆布ロード」

日本の食文化を広げた「昆布ロード」

昆布の旅「昆布ロード」

昆布ロード日本地図

昆布を食べる地域は北海道の開拓以来、日本各地に広がり、その昆布を運んだ道を「昆布ロード」と読んでいます。

鎌倉時代の中期には、北海道の松前と本州の間を交易船が盛んに行き交うようになり、昆布は時代とともに西へ西へと広がっていきました。室町時代には、敦賀を経て、琵琶湖を渡り京都へ。江戸時代になると海上交通が盛んになり、「北前船」で下関から瀬戸内海を通る「西廻り航路」で、商業の中心地である大阪まで運ばれるようになりました。

昆布ロードはその後も、江戸、九州、琉球王国(沖縄県)へとのびていき、さらに清(中国)まで続いていきます。琉球王国は薩摩藩(鹿児島県)と清の昆布貿易の中継地として重要で、「昆布座(役所)」も置かれていました。

昆布が広げる食文化

昆布ロードがのびると、その地方の食文化と昆布が結びつき、昆布を加えた新しい昆布食文化が生まれていきました。例えば、北海道では主に、だしとして利用しますが、北陸では昆布を薄く削ってとろろ昆布やおぼろ昆布、大阪では佃煮に、沖縄では、ぶた肉や野菜と炒めたり、煮込んだりして食べます。関東地方には、昆布ロードの到達が遅かったため、昆布の消費量が伸びなかったのではないかといわれています。

富山の話

昆布ロードの寄港地のひとつでもある富山県は、昆布王国といわれるほど、日本で一番の昆布消費地(平成14年家計調査)として知られています。富山では、おにぎりといえば、海苔ではなく、とろろ昆布が常識とされています。富山県の女子高生のお弁当の中には、とろろ昆布入りおにぎり、とろろ昆布入り揚げ物、とろろ昆布を高に巻き込んだ厚焼き玉子など、昆布人気のほどが伺われます。

このページのトップへ戻る