昆布の成分と健康機能

ホームへHome > 昆布の成分と健康機能 > 多糖類 > 貯蔵多糖類

多糖類

貯蔵多糖類

組織の中でエネルギーを蓄える働きを持っています。昆布などの褐藻類では主にラミナランが代表的です。

ラミナラン

ラミナラン作用イメージ

グルコースという糖が鎖状につながったβ-グルカンと呼ばれる多糖類の一つで、ラミナリンとも呼ばれます。昆布のうま味成分「マンニトール」から合成されると考えられています。昆布に含まれる量は、成長段階、季節などによって異なりますが、成熟期には乾燥物中に20%~30%含まれているといわれています。

ラミナランには、抗腫瘍作用、抗血栓作用、高血圧抑制作用があります。

このページのトップへ戻る