昆布の成分と健康機能

ホームへHome > 昆布の成分と健康機能 > 多糖類 > 食物繊維の健康効果

多糖類

食物繊維の健康効果

お腹イメージ

アルギン酸やフコイダンがもつ特有な効果以外にも、食物繊維が持つ一般的な機能として次のような事が知られています。

便秘の解消

食物繊維はヒトの消化酵素では分解されないため、便の量を増やして、便秘を解消する働きがあります。また、食物繊維の一部は大腸にいる善玉菌のエサとなります。善玉菌の出す乳酸や酪酸などの「有機酸」は腸の壁を刺激するため、排便を促すと考えられています。

肥満の防止

食物繊維の豊富な食事を摂ると、咀嚼(そしゃく)回数が増えて、唾液や胃液の分泌を促します。とくに水溶性食物繊維は水を吸って膨らみ、量が増えるため、満腹感を得るとともに過食を防止したり、エネルギーの過剰摂取を抑えたりします。

血中コレステロールの低下

メタボの原因となる、余分な脂肪やコレステロールの消化吸収を抑制したり、コレステロールを体内に戻そうとする働きのある、胆汁酸の吸収を腸内で抑制することによって、便への排泄を促進します。

血糖値上昇の抑制

食物繊維の長期にわたる摂取は、インスリンの感受性を高めて、糖質や脂質の代謝を活発にさせたり、末梢神経でのグルコースの代謝利用が高めたりすることが知られています。また、マコンブ幼小体の熱水抽出物には血糖値の急激な上昇を抑える働きのあることが報告されています。

ビタミン不足の予防

ビタミンBグループの多くは、腸内で合成されることが分かっています。食物繊維は、ビタミン合成に関与する腸内細菌が増殖しやすい環境を作ります。

胆石の予防

お腹の中にできる「胆石」には組成の要因から、主にコレステロール系とビリルビン系の二種類に分けられますが、最近はコレステロール系の胆石が増加しているといわれています。食物繊維はコレステロールの吸収を抑制して排泄を促進させるので、胆石になる可能性を低下させるのに役立ちます。

免疫力の上昇

食物繊維が消化管内にあると、腸内で善玉菌の一つであるビフィズス菌が増加し、悪玉菌と呼ばれるウェルシュ菌が減少します。

お腹の調子を整える

水和性、保水性、潤滑性および成形性が極めて大きく、整腸作用に優れています。

<参考文献:成山堂書店『海藻利用の科学』山田信夫編>

<参考文献:成山堂書店『海藻フコイダンの科学』山田信夫編>

このページのトップへ戻る