昆布の成分と健康機能

ホームへHome > 昆布の成分と健康機能 > ラミニン

アミノ酸

ラミニン

ラミニンイメージ

昆布には血圧を下げる効果があることが知られており、アミノ酸の一種であるラミニンがこの役割の一部を担っています。ただ、この作用は一時的なもので、時間が経過するとまたもとの血圧に戻ってしまいます。また、昆布一片のラミニンを摂ったくらいでは人間の血圧を下げるにはいささか量が不足しています。

しかし、昆布のぬめりの成分であるアルギン酸にも血圧を下げる効果があり、毎日昆布を食べ続ければ、ラミニンの効果に加えてアルギン酸の効果も作用して常に適正な血圧を保てることになるのではないかと考えられています。

このページのトップへ戻る