昆布の栄養機能研究会について

ホームへHome > 昆布の栄養機能研究会について > 昆布の栄養機能研究会規約

昆布の栄養機能研究会規約

(名称)

第1条
本会は昆布の栄養機能研究会(Kelp Nutrition and Function Laboratory)と称する。

(事務局)

第2条
本会は、事務局をフジッコ株式会社内におく。

(目的)

第3条
本会は昆布に関する基礎的および応用的な研究報告ならびに文献に基づいた会員相互の情報交換、社会に対する情報発信を行うことにより、昆布の進歩普及を図り、我が国の漁業、食品およびこれらに関連する産業の発展と国民の健康増進に寄与することを目的とする。

(会員)

第4条
本会の会員は第3条の目的に賛同する法人または個人とする。
第5条
本会への入会を希望する者は、所定の入会申込書を提出し、理事会の承認を得る。
第6条
本会の会員で退会を希望する者は、その旨を文書で届け出なければならない。

(事業)

第7条
本会は第3条の目的を達成するために次の事業を行う。
  1. 昆布に関する基礎的および応用的研究
  2. HPの運営
  3. 講演会、シンポジウム、セミナー等の開催および会員相互の情報交換
  4. 関連する機関との連携による研究成果の普及活動
  5. その他、本会の目的を達成するために必要な事業

(役員)

第8条
本会に次の役員を置く。
  1. 会長 1 名
  2. 副会長 1 名
  3. 理事 10 名以内
  4. 監事 1 名
第9条
本会の役員は次のように選任され、総会で承認を得るものとする。
  1. 会長および副会長は理事会の推薦により選任される。
  2. 理事は会員の中から自薦あるいは他薦により選任される。
  3. 監事は理事会の推薦により選任される。
第10条
本会の役員の職務は次の通りとする。
  1. 会長は本会を代表し、総会、理事会、その他の全ての会務を総括する。
  2. 理事は会長を推薦し、事業、その他本会運営の方針を決定する。
  3. 監事は必要に応じて会計監査を行い、理事会に報告する。
  4. 専門委員は理事会の承認を得て、本会の行う各種事業を担当する。
第11条
本会の役員の任期は2年間とし、理事会の推薦を得て総会で承認されなければならない。ただし、再任は妨げないものとする。

(会議)

第12条
本会は次の会議を行う。
  1. 総会は2年毎の役員改選総会と臨時総会との2種とし、会長が招集する。総会では本会の運営上重要な事項を審議し、出席会員(委任状を含む)の過半数の賛成をもって決定する。
  2. 理事会は会長並びに理事の要請により適宜開催される。理事会は本会の事業運営に関する全ての事項を検討・決定し、また専門委員からの提案を検討・決定する。

(その他)

第13条
本会会員並びに関係者に対する弔慰金、講演会・シンポジウム・講習会等の講師に対する謝礼金、本会会員・役員等の旅費の補助等については理事会で定める。
第14条
本規約に定められていない事項については別途細則で定める。
第15条
本規約の改正は理事会の議を経て、総会で決定する。
第16条
本規約は2011年6月20日から施行する。

(付記)

  1. 本規約に定めのない事項については理事会で決定する。

このページのトップへ戻る