昆布の栄養機能研究会について

ホームへHome > 昆布の栄養機能研究会について > 発起人メンバー

発起人メンバー

会長 早稲田大学教授 矢澤 一良
(やざわ かずなが)
理事 大阪府立大学教授 北村 進一
(きたむら しんいち)
理事 北海道立工業技術センター主任 木下 康宣
(きのした やすのり)
理事 札幌医科大学教授
放射線防護情報センター代表
高田 純
(たかだ じゅん)
理事 日本海藻協会会長 東京海洋大学教授 藤田大介
(ふじた だいすけ)
理事 医学博士、管理栄養士 本多 京子
(ほんだ きょうこ)
理事 武庫川女子大学国際健康開発研究所所長
食生活と長寿についての疫学研究、日本かんぶつ協会会長
家森 幸男
(やもり ゆきお)
理事 北海道大学助教
NPO「北海道こんぶ研究会」理事長
四ツ倉 典滋
(よつくら のりしげ)
理事 NPO法人『ネパール・ヨードを支える会』理事長 熱田 親憙
(あつた ちかよし)
理事 NPO「ネパール・ヨードを支える会」理事 奥平 武則
(おくひら たけのり)

発起人メンバー略歴

会長 矢澤一良(やざわ かずなが)
早稲田大学 ナノ理工学研究機構 規範科学総合研究所ヘルスフード科学部門 研究院教授 1972年京都大学工学部卒業。1973年株式会社ヤクルト本社入社。1986年財団法人相模中央化学研究所(主席研究員)。1989年東京大学より農学博士授与。2000年湘南予防医科学研究所代表取締役。2002年東京水産大学大学院 水産学研究科ヘルスフード科学(中島董一郎記念)寄附講座就任、2003年東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科ヘルスフード科学(中島董一郎記念)寄附講座教授(特任教授)、2014年4月より現在に至る。主な研究テーマは予防医学的食品・医薬品素材、海洋資源の有効利用、天然物の生理活性成分の探索と薬理学的研究など。マリンバイオテクノロジー学会をはじめ、多くの学会・NPOにて役員を歴任。著書に「マリンビタミン健康法」現代書林、「ヘルスフード科学概論」成山堂書店 ほか多数。
理事 北村 進一(きたむら しんいち)
大阪府立大学大学院生命環境科学研究科教授 生物資源開発センター センター長 1953年生まれ。1978年京都大学大学院博士後期課程中途退学。1984年農学博士(京都大学)。アメリカ合衆国カリフォルニア大学及びエール大学博士研究員、京都府立大学農学部助手、講師などを経て2001年大阪府立大学大学院農学生命科学研究科教授。2005年同大学生命環境科学研究科教授。2008年より同生物資源開発センター センター長を兼任し、現在に至る。専門分野は応用生物化学、食品機能学、複合科学、材料科学で、研究テーマとして海草(特に昆布)に含まれる多糖の構造の多機性と生理機能に関する研究、ナノバイオテクノロジーを応用した昆布加工食品の高機能化などに取り組む。
理事 高田 純(たかだ じゅん)
札幌医科大学教授 放射線防護情報センター主宰、放射線防護医療研究会代表世話人
1954年生。1979年、弘前大学理学部卒業。1981年、広島大学大学院理学研究科(核実験)博士課程前期修了、1990年、広島大学理学博士号授与。シカゴ大学ジェームス・フランク研究所、京都大学科学研究所、広島大学原爆放射線医科学研究所、京都大学原子炉実験所などを経て、2004年より札幌医科大学教授。大学院医学研究科放射線防護学、医療人育成センター物理学教室を持つ。放射線防護情報センターを主宰。著書に『世界の放射線被爆地調査』(講談社ブルーバックス)、『お母さんのための放射線防護知識』『医療人のための放射線防護学』『核エネルギーと地震』(医療科学社)など。
理事 木下 康宣(きのした やすのり)
1967年生。1990年帯広畜産大学畜産学部家畜生産科学科卒業。同年ホクレン農業協同組合連合会入会、農業総合研究所勤務。1999年財団法人テクノポリス函館技術振興協会(現公益財団法人函館地域産業振興財団(北海道立工業技術センター))勤務。2001年より現職。この間、北海道大学大学院水産科学院海洋応用生命科学専攻博士後期課程を修了し、2009年博士(水産科学)。専門分野は水産科学で、酸素濃度調節によるコンブ、スルメイカ、ウニなどの高鮮度保持技術に関する研究成果や各種産業技術化の実績がある。
理事 藤田大介(ふじただいすけ)
日本海藻協会会長 東京海洋大学海洋科学部准教授
1958年生,1986年北海道大学大学院水産学研究科修了(水産学博士)。1988年富山県水産試験場,同農林水産部を経て2003年から現職。専門は海藻生態学,海藻増殖学で,コンブなど有用海藻,植食動物,藻場,磯焼け,海洋深層水等について研究。2011年から日本海藻協会会長。「磯焼け対策シリーズ」全3巻(成山堂書店),「磯焼け対策ガイドライン」(水産庁),「藻場の衰退と再生」(東京水産振興会)など著書多数。
理事 家森幸男(やもり ゆきお)
武庫川女子大学国際健康開発研究所長 京都大学名誉教授 医学博士 1937年生。1969年米国国立医学研究所客員研究員。1992年京都大学大学院教授を経て2001年名誉教授、現在に至る。世界各国を巡り、健康長寿と現地における伝統的な食習慣との関連について研究を続けて来た。1998年紫綬褒章、2004年杉田玄白賞受賞。疫学調査においてコーカサス地方より持ち帰った「カスピ海ヨーグルト」がブームに。主な著書に『長寿の秘訣は食にあり』(マキノ出版)、『「長寿食」世界探険記』(講談社)、『ついに突きとめた究極の長寿食』(洋泉社)『110歳まで生きられる!脳と心で楽しむ食生活』(NHK出版)ほか多数。
理事 本多 京子(ほんだ きょうこ)
医学博士・管理栄養士
実践女子大学食物栄養学科卒業後、東京医科大学で博士号取得。現在、日本体育大学女子短期大学講師。スポーツ選手の栄養指導や食品メーカーの商品開発、アドバイザーを手がける。またテレビや雑誌での料理レシピ作成、健康に関する情報解説など幅広く活躍中。「新健康フロンティア戦略(2007年4月制定)」健康大使、NPO法人日本食育協会並びに日本食育学会理事。
理事 四ツ倉典滋(よつくら のりしげ)
北海道大学北方生物圏フィールド科学センター助教  北海道大学忍路臨海実験所所長
NPO法人北海道こんぶ研究会理事長
1997年北海道大学大学院水産学研究科博士、同理学部附属海藻研究施設講師。1999年北海道大学助手、2001年同北方生物圏フィールド科学センターに就任し、2005年同センター助教、2009年より北海道大学忍路臨海実験所所長を兼任し、現在に至る。専門分野は海産植物学、主な研究内容は北海道沿岸におけるコンブ類の保全研究など。日本藻類学会、日本応用藻類学会役員を兼任。著書に『 海藻利用への基礎研究その課題と展望シリーズ応用藻類』)(pp.21-47. 成山堂書店)など。
理事 熱田親憙(あつた ちかよし)
関西国際大学 非常勤講師 大阪経済法科大学地域総合研究所 客員教授
NPO法人ネパール・ヨードを支える会 理事長
1959年早稲田大学理工学部卒業。2001年関西学院大学大学院総合政策研究科卒業。1960年三洋電機株式会社入社。1995年関西国際大学短期大学助教授、教授、客員教授を経て非常勤講師として現在に至る。専門分野はマーケテイング、総合政策/環境経済学、社会学/ NPO・NGO学/ ボランティア論。主な研究内容はネパール国家保健計画に基づく~ヨード欠乏症対策に関する研究。著書に「アジアの瘤ネパールの瘤~ヨード欠乏症への医学的・社会学的挑戦~」(春風社)
理事 奥平 武則(おくひら たけのり)
フジッコ株式会社 専務取締役 経営管理本部長 NPO法人ネパール・ヨードを支える会 理事
1952年生まれ。1974年広島大学水産学部卒業、フジッコ株式会社入社
2000年開発本部長兼イソフラボン事業部長。技術、研究、商品開発を担当し、漬物、納豆、ナタデココ、カスピ海ヨーグルトの発酵食品を開発。また、イソフラボン、昆布ミネラル等の機能性食品を開発し通信販売事業を立ち上げる。

このページのトップへ戻る